こちらの記事では仕事運が下がってしまう行動などを紹介しています。

皆さんは仕事運という言葉を一度は聞いたことがありますでしょうか?

その仕事運というものの意味を正しく理解しているでしょうか。

 

仕事運が上がれば仕事が成功すると思っている人も多いと思います。

 

ですが、それは半分正解で半分間違いなのです。

 

確かに仕事運が上がれば仕事が上手くいきやすいのですが、上がっただけで上手くいくというものではなく成功する確率を上げる手助けをしているだけなのです。

 

ですので、仕事運が上がったから努力を怠ったりすると勿論成功する事は叶いません。

 

この仕事運という運気の意味をしっかりと理解しておかないと痛い目を見る事になるかもしれません。

それでは、仕事運が下がってしまう行動等について見ていきましょう。

 

 

他人の悪口や陰口を言うのはNG

 

他人の事を悪く言う事で仕事の運気が下がってしまいます。

 

では何故下がってしまうのでしょうか?

 

悪口や陰口とはネガティブな感情です。

 

その様な、暗い感情には悪い運気を吸収しやすくなってしまうのです。

飲み会などで他人や上司の愚痴を言ってしまう事もあるでしょう。

それは、普段溜まっているストレスを言葉にして出す事なので悪い事ではありません。

 

ストレスの原因の愚痴はいっぱい言って発散させることで運気は安定しますが、悪口を言う事は絶対に避けましょう。

 

愚痴と悪口は何が違うの?と思う方も居るかもしれませんが、全く持って別物なのです。

 

愚痴とは仕方のない事を嘆く事であり、悪口は相手を悪く言う事なのです。

 

人の話は誰がどこで聞いているかわかりません。

 

例えば悪口を言ってしまったとして、それが上司の耳に入れば信頼関係も失われますし仕事運も下がってしまうという大変な事態にもなりかねません。

 

なので悪口や陰口だけは言わない様に心がけましょう。

 

 

身だしなみを整える

 

身なりが乱れていると運気も乱れてしまい仕事運も下がってしまいます。

また、身だしなみが乱れていると整っている時よりもパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

「服装の乱れは心の乱れ」と言うように身だしなみが乱れていると普段より心も乱れやすくなってしまいます。

 

そうなると、急なトラブルへの対応力が落ちてしまったりする事もありますし、ミスが増えるのでストレスも溜まってしまい心と身体の両方が疲弊してしまう事もあるでしょう。

 

また、身だしなみが乱れていると相手へ悪印象を与えてしまう事もあります。

 

人の印象は見た目が55%と半分以上を占めています。

 

身なりが乱れていると相手からは適当な人だという印象を抱かれても仕方ないのです。

それが長い付き合いの仕事仲間とかであれば、あなたの能力を理解しているので許容範囲ではあると思うのですが、初対面の人には悪印象ですので「一緒に仕事したくない」と思われることもあるでしょう。

ですので、身だしなみはしっかりとしましょう。

 

例え寝坊したときでも身なりを整える事をお勧めします。

 

そうする事で印象も良くなり、仕事運も上がる事でしょう。

 

 

如何でしたでしょうか。

 

仕事運を下げてしまう行動や言動はちょっとした意識で改善する事が出来ます。

 

少しの意識があなたをより成長させる事でしょう。

 

また、仕事運が上がれば恋愛運が下がってしまうと思っている方も少なからずいるでしょう。

 

ですがそれは大きな間違いなのです。

 

仕事が忙しくて恋愛に時間を割くことが出来なくなるので恋愛運が下がったと錯覚してしまうだけであって、決して下がっている訳ではありません。

 

恋愛に力を入れたいなと思った時には休暇を取るなどをして時間を作る事で、恋愛と仕事の両立を上手くいかせることも可能でしょう。

 

 

※こちらも合わせて読まれています。

仕事運を上げる言葉や行動

仕事運がアップする男女別の服装やメイク